しんの万華鏡アート〜shin's kaleidoscope art works〜

月、水、金曜日の20時更新!しん〜shin〜の万華鏡アートと日常

運命の女神『割り当てる者【Lakhesisラキシス】』

 



人の寿命を割り当てる女神ラキシス


こんばんは♫
しん〜shin〜です。


ワタシが描いてる作品でモイライってシリーズがあるんだけど、今日はそれを書こうかな。


モイライというのはギリシャ神話に出てくる女神の事。


https://ja.wikipedia.org/wiki/モイラ_(ギリシア神話)


元々は1人の解釈だったようだけど、それぞれの役割のある『3姉妹の女神』って形になったようで、その解釈自体はワタシはどーでもいいって言ったら語弊があるかな?

ワタシはこの女神そのものを、描きたかったわけではなくて、タイトルとか言葉の表現をするのに1番わかりやすかったから、っていうのがある。

元々はこの女神が描きたかったわけじゃなかったんだけど、それは残りの2人の女神の事を書く時に説明するわ。



 

しん〜shin〜の解釈


ワタシはこの3女神を過去、現在、未来って解釈もしている。
ラキシスはワタシにとって過去にあたる女神。

 

ラキシスの役割


ギリシャ語で『モイラ』は『割り当てる』という意味があって、人の運命(寿命)はそういった目に見えないナニカによって決められている、みたいな解釈があったようで、それを『糸の長さ』で例えたらしい。

この女神の役割は『人と寿命を割り当てる』という事そのもの。

つまり、人の寿命はこの女神が決めてるって事かな。
ギリシャ神話の中のお話ではね。



3カ月かかったわ(−_−;)


この3人の女神を現したものを描こうとした時に、中でもこの女神は割とすんなり描けたのよ。他の2人に比べたら!の話だけど。

ただ、1枚だけどーしても途中から描けなくなったものがあった。
なぜかわからないけど、それ以上は筆が進まなくて『コレはお蔵入りかな?』とか『失敗かな?』とも思ったんだけど、なぜか捨てる気にもならず目に付く所にずっと置いていた。


普段は置いてあっても大して気にもしていなかったんだけど、数日前に別の1枚を描き終えて、インスタにも投稿して、やれやれちょっと休憩するか〜って思った時にふとずっと置いてあった3カ月前の描きかけに目がいったわ。


もう描けるやろ?

って言われてるような感じ(笑笑)

めっちゃキモいよな!( ̄▽ ̄)
ワタシもそう思うわ〜〜


ラキシス、過去を現す人の運命を割り当てる女神か〜。


最初はあんまり思わんかったけど、今は1番非情な女神に思うわ。

過去は変えられんよな。

それに、人の寿命ってなんだ?


お腹に宿されたのにすぐに死んでしまう命もある。

生まれたのにすぐに死んでしまう命もある。

生まれたのに、親に殺されてしまう命もある。

幸せに大切に育てられたのにある日突然に奪われる命もある。

まだ死にたくないって思っているのに不治の病でいつ消えるかわからない命もある。

かといえば、今日も生きててごめんなさいって早く逝く事を願う命もある。


なんなんだろうな?って思うわ。

ワタシはホームページにゴッホの言葉を今はのせている。

I put my heart and my soul into my work, and have lost my mind in the process.


ワタシは手に取ってくれる人の幸せを願って描いてはいるけど、ワタシの作品で癒されるってあんまりないんじゃないか?

わかんないけど。


癒しは無いけどワタシは作品にいろんな思いを詰めている。
受け取る人は余すところなく受け取って欲しいと思う。


癒しなどと甘っちょろいモンじゃなく、
変えられない過去を命を受け止めて直視する人がこの作品に惹かれて受け取るんだろうなぁ〜と描きながらなんとなくそう思った。


そう思うと、やっぱワタシの作品は普通の人はあんまりウケないんだろうな〜(笑笑)

それはそれで良いんだけど、道のりは長いわ!




コレじゃないけどラキシスの色違いです