しんの万華鏡アート〜shin's kaleidoscope art works〜

月、水、金曜日の20時更新!しん〜shin〜の万華鏡アートと日常

続、魔法の色を再現したいんだ!

こんばんは♫

しん〜shin〜です。


しん〜shin〜の今日の万華鏡


前回の続き記事なので、元絵は同じだよ^ ^
でもキレイっしょ❤️


魔法の色をなんて説明するの?


前回の記事を読んでからの方がわかると思うので、まだの方はこちらをどうぞ。




マジョーラカラーのイメージで作品を描きたくて、たくさんの失敗作ばかりを作ってしまったのだけれど、ようやく1点だけ納得出来るのが描けたのよ。


で、インスタやブログで作品説明をする時に単にマジョーラカラーのイメージで描きました!でもよかったんだけど、何となくそれだけじゃ足りない、もしくは違うなぁ〜と。


マジョーラって言うのは商標登録されてるからね〜
イメージだけど、実際のマジョーラカラーを知っている人からすれば誤解を生じるかもしれないし。

ワタシの作品は色をたくさん重ねているから光の加減で見えかたが違ってくる部分はあるけど、実際のマジョーラの偏光って感じとは何か違うわ〜と感じる人もいるだろうし。



ヒントはギリシャ神話から

この記事でも書いたけど、ワタシの作品はギリシャ神話のイメージが多い。


特にギリシャ神話に詳しいわけでも格別に大好きってわけでもないんだけど、『この言葉を違う表現でカッコよく言うなら他に何がある?』的にに軽〜い気持ちでググってちょうど良くコレいいやん!なのがギリシャ神話の神さまとかお話しにヒットする確率が高い。


こーゆーのも縁というか、流れというか。

そういう傾向にあるんだなぁ、と思っている。


こだわりは無いんだけど、今はそういう傾向なんだろうなぁ、と。
そのうち変わっていくかもしれないし、変わらないかもしれないし。


とにかく、今はギリシャ神話にちなんだ作品名とかイメージが合っているんだな、とそう思う事にしてるのよ。


オーロラって言うより、


前回の記事で、マジョーラの語源は魔法を意味するラテン語の『MAGIA』と『オーロラ』を合わせた造語からきてるよ〜って書いたけど、

ワタシはこの『オーロラ』はもちろん合っているんだけど、マジョーラカラーを見た時に出てきたイメージに、

孔雀ってのがあった。
孔雀やで!鳥の。



孔雀の羽根の色って不思議な色やと思う。

キレイはキレイなんだけど、ちょっと気持ち悪い気もするし(笑笑)
で、案の定ググってみたわけよ。


やっぱりあったわ、ギリシャ神話に孔雀のお話が(笑笑)



100の目を持つ巨人の話だったわ。
巨人は首を切られて殺されるんだけど、哀れに思った女神がその巨人の目玉を孔雀の羽根に飾ったとか(−_−;)


そうかぁ〜 お話しの中とは言え、だから孔雀の羽根ってキレイでキモいのかぁ〜と妙に納得。

孔雀の羽根って目玉にも見えるしな。

それに、ワタシは落書きアートでもよく目玉を描きたくなる。なんか、やっぱそういう『流れ』とか『傾向』なんだろうね、今は。


パズルのピースがハマったら


作品ってのは作り上げていく過程の物語っていうのは、作家それぞれ違って当たり前だし、どこにこだわりがあるのかもそれぞれ違って当たり前。


ワタシみたいに色んな要素があちこちに散らばってて、1つ1つなんだろ?これは??って探しながら当てはめて行くと、ある時バチーッとハマった時はめちゃ気持ちいい(笑笑)


人には理解されないかもしれないし、理解が無くても『それ面白いね〜』って興味を持ってくれるかもしれないし、わかんないよね^ ^


結果ってのは、できれば早く欲しいし掴みたいって誰しも思う所ではあるけど、それがすぐの時もあれば数ヶ月後、数年後もしかしたら、死んだ後かもしれんしできれば生きてるうちがいいが・・・笑



わかんないだよね〜〜


だから、やっぱやってきた事の続きが見たい!って思ってるうちは迷いながらでも進んでいかないあかんって思うのよ、ワタシは。

ホンマに大丈夫かいな〜?(−_−;)
ってなる日もあるけどな!(笑笑)



大丈夫!やりたいって思ってる時は進める!








今日の万華鏡の元絵。
前回と重複するけど、見てない人用に^ ^