しんの万華鏡〜shin's kaleidoscope art works〜

月水金20時更新!しんの万華鏡アートや気ままなブログ

ウォリストの専用金具を使うと予算オーバー。

20時にこんばんは^ ^
しん〜shin〜です❤︎



しん〜shin〜の今日の万華鏡





今日の万華鏡は元気になれるアレです❤︎
元画像は最後に♫



とにかくコストを抑えたい!




⬆︎コレの続きです。


部屋に合わせた収納をつくって、ついでに部屋の片づけと改造をやってしまいたい!という今回の試み。

2×4材を使って好きに棚の奥行きを決めれるウォリストというアイテムを使う事にしたのだ。




このアイテムを使ってジャッキ式で天井から突っ張って支柱を作るいうアイテム。


地震対策用に作られたものでは無いけど、天井と床の隙間が無いから普通に置いてある棚よりは転倒する確率が低いかと思われる。


その辺が気に入って購入したんだけど、
今回、ワタシはなるべくコストを抑えたい!と言うのがあったのだ。


ワタシはDIYは初心者レベルなのよ(・・;)


そんな大層なモンは作れるない。
素人が遊びに感覚で作るのに、何万円もかけてたらアホくさっ!ってなるからだ。

買ったりプロにオーダーした方がそりゃ良いモンが出来るでしょ!

できるだけ、リアルに言えば1万円代で済ませたい!って当初から思っていたのだ。


が、すでに木材だけで1万円くらいになっていた。残りの予算は数千円。
無事に予算内で作れるのだろうか?
だんだん心配になってきたわ。



専用金具を使うと予算オーバーです(泣)


2×4材をいくつ連結させるか?で棚の奥行きを決めれるんだけど、ワタシは今回3つ連結させる事に。


ウォリスト用の連結金具は売っている。
売っているんだけど、高い!



棚1個付けるのに、この金具が1000円程するのだ(;゜0゜)
ワタシ、棚板を10個付けたかったのです。
棚板付ける金具買うだけで1万円越えるやん!


・・・・・コレは、うーん・・・どうしたモンかなぁ〜〜・・・ (;´Д`A


一応、本来の棚受けも試したかったら2セットだけはジャッキと一緒に購入はしていたんだけど、あと8セット分をどうしようか?



頼りになるうちの職人さん


悩んだ挙句、ダンナ様に相談です(笑)

ダンナ様曰く、

『現場用のL型アングル買って切ればいいやん』

と。

はて?L型アングル?って何???



⬆︎こーゆーやつですが、ワタシが買ったのはこんなきれいなモンでも無いし穴も空いてないやつです。



どっちかと言うと、コレ⬆︎のもっと赤錆っぽい色の THE・アングル!って感じ(笑)


ワタシ、木は切れるけど鉄は切れない。
怖いわ〜(・・;)
火花散らしながら切るなんて無理!

ましてビス穴空いて無いものをどうやって扱うというのか?


そこで、頼りになるうちの職人さん登場です(๑・̑◡・̑๑)


ホームセンターで鉄を切る高速カッターを借りたかと思えば、火花散らしながらチョチョイのチョイ!って切ってくれました♫

ビス穴も会社で溶接で空けてくれるという!

なんてありがたい❤️


おかげであと8個分の棚板を付けるのに8000円以上かかるかと思ったんだけど、1600円程で済みましたわ♫




⬆︎右用左用と分けて作ってくれてついでに錆び防止の為に黒で塗料まで塗ってくれたわ〜


おかげで予算内にやっと材料が揃いましたわ♫


次回はこの材料使って付けた直後の散乱した様子などを記事にしてみます♫


ではまた❤️







今日の万華鏡は、
先日の結婚記念日に行った『いきなりステーキ』リブステーキの万華鏡(笑)


テレビで見た事はあったけど、初めて行ったわ〜♫
とりあえず300グラムずつオーダーしたけど、割と余裕やったな♫
次行くことあったら400グラムに挑戦してみようかな❤️